経穴(ツボ)の効果④

推拿療法では、仮に右足を捻挫した場合、反対側の左足や患部よりも心臓に近い経穴を調整する場合があります。同じように頭が痛いときに、足裏の経穴を刺激したり、頭の経穴を刺激したりします。中医学では「上の病は下でとれ、下の病は上でとれ」い言います。患部を直接施術するだけでなく、患部から離れた場所に刺激を与えることで、痛みや不調を緩和させる誘導作用があります。

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL